gooブログ、ひっそりと再開&毎日更新?

発送、発送、ハッスル! ()
県外のお客様、遠方のお客様、配達に行きたいんだけどスケジュールの都合でお届けに行けないお客様などに向けて、発送もしています。ネットショップも運営していますが、正直なところ売上は芳しくありません。言い訳になる&改善点も分かっているっちゃ分かっているので敢えて分析は控えます。以前も話題になりました...
>> 続きを読む

配達に行ってきました ()
昨日からは関東地方でも雪が降りましたね。それなりに雪に慣れていると自負している長野県民でも、雪を楽しみにしていた小学生のときとは違って、雪かきとか雪道の運転とかを考えて憂鬱になってしまいます。さて昨日の昼間に、注文が入ったフードを配達に行ってきました。雪が降る前でラッキーでした。軽井沢に店を構えたことにより、観光客や別荘おお客様、定期的に軽井沢を訪れる県外のお客様が来店しやすくなった反面、上田市や東御市、佐久市の南部など「ちょっと遠い」お客様にとっては、フラッと来店するには時間も距離もかかってし...
>> 続きを読む

ペット用棺 ()
昨日は遺骨の話をする予定ではなかったのですが、ペット保険の話から、保険に加入しているお客様の死亡保険金請求をお手伝いしたことを思い出して、火葬について考えました。我が家は個別火葬を選び、遺骨がリビングに置いてあります。(昨日の記事の写真です。あそこはもともとホームシアターのスピーカ...
>> 続きを読む

ペット火葬 ()
悲しいですが、ペットとのお別れも訪れます。我が家でも、ユノちゃんとラブちゃんを見送りました。家に来た順は「ティアラ→ユノ→ラブ→エン」ですが、年齢は「ラブ→ティアラ→ユノ→エン」です。そしてお別れの順番は「ユノ→ラブ」となります。家族構成はティアラティアラ&...
>> 続きを読む

ペット保険は掛け捨て? ()
基本的に年更新、掛け捨てです。昨日まで3回に分けて「ペット保険の選び方」について書いてきました。当店でも「日本アニマル倶楽部」のペット保険を扱っており、お客様とペット保険について話すことも多いのですが、時々話題に上がるのが「掛け捨てか否か」ということです。ペット保険も、よく見ると「損害保険」と「少額短期保険」に分けられます。業界最王手のアニコムは「損害保険」で、他のペット保険の大半が「少額短期保険」です。どちらも年度更新で掛け捨てなので、加入する側にとっては...
>> 続きを読む

保険の選び方 ③保険金の支払い方法 ()
一昨日、昨日とペット保険の「保証内容」「保険料」について書きましたが、今回は「保険金の支払い方法」についてです。なんじゃそりゃ?と言われそうな気もしますが、これ、結構大きなポイントです。うまいこと例えを使って説明したいと思います。そして今回も大きく2つの...
>> 続きを読む

ペット保険の選び方 ②保険料 ()
昨日の「保障内容」に続き、今回は「保険料」についてです。正直なところ、この「保障内容」と「保険料」のバランスが、保険選びの大半を占めると思われます。ただ、明日書く予定の「保険金の支払い方法」も、実は大きなポイントなので、それはそれでお楽しみに。で、保険料の話に戻りましょう。「保険料」とは加入者が保険会社に払うお金で、「保険金」は保険会社から加入者に支払われる保障です。月々支払う保険料についても、大きく...
>> 続きを読む

ペット保険の選び方 ①保障内容 ()
①ってことは、これから何回か続ける予定です。昨日までは、ペットフードの原材料表示からの国産表示と、いわゆる「ペットフードの選び方」にまつわる記事を書きました。その流れに乗って、選び方シリーズを続けようかと思いつつ、お客様からペット保険について聞かれたので、それを踏まえながら「ペット保険の選び方」について書いてみます。ペット保険を選ぶ際に重視するポイントは・保障内容・保険料・保険金の支払い方法でしょうか。これは私達の生命保険や医療保険といった、保険商品を選ぶ際のポイントと似ています。では...
>> 続きを読む

国産? ()
「国産ですか?」ご新規のお客様からの質問としては、結構多いものです。そして私が自信を持って「海外産です」「安心安全のニュージーランド産です」と答えると、予想外の反応に驚かれる方も結構います。まだまだ国産志向、輸入品は粗悪品という考えが多いことを実感します。ペットフードは、カテゴリーで行くと「食品」ではなく「雑貨」なので、いわゆる私達が食べるものに対する法律とは異なる「ペットフード安全法」が適用されます。今回話題にしている原産国表示に置いても、「その国の材料で作っている」のではなく「そ...
>> 続きを読む

フェスタ反省会 ()
一昨日、昨日と「一匹でも犬ねこを救う会」様のイベントに出店いたしましたが、ちょっとした反省点があります。長机2本という限られたスペースでの出店だったため、おのずと出品数が限られており、もちろん厳選して持ってきたのですが、それでもお客様との会話の中で、アチャーという瞬間がありました。「去年買ったアレはないんですか...
>> 続きを読む